東京のクリニックで埋没法の施術

小学生の頃から一重の目がコンプレックス

私の小学生の頃からのコンプレックスは、目が一重ということでした。
それまでは自分の目に対して悩みを感じることはなかったのですが、ある日クラスメイトの男子生徒から目が小さい、それで見えているのかなどとからかわれ、自分の目が他の人とは違うことを突き付けられたのです。
その男子生徒からすると、単純に疑問に思ったことを口にしただけのことかもしれませんが、私にとっては深く傷付けられた悲しい出来事として、今でも忘れることはできません。
その場では堪えることができたものの、家に帰って部屋に1人になると、大粒の涙を止めることができなかったのです。
それからは人の目と自分の目を比較するようになってしまい、二重のぱっちりとした目の友人を見る度に、うらやましくて仕方ありませんでした。
どうすれば私も二重を手にすることができるのか、そればかり考えていました。
自分より少しでも小さくて細い目の人を見つける度に優越感に浸っていた私は、今になって思い出すとひどい性格の人間だと思います。
しかし当時はそうでもしないと、自分の気持ちを鎮めることができなかったのです。
ずっと目にコンプレックスを持っていた私は、社会人になって自分でお金を稼ぐことができるようになったら、必ず美容整形手術を受けようと決意していました。

小学生の頃から一重の目がコンプレックス社会人になって美容整形のカウンセリングを受ける埋没法で自然な二重になって自信が持てるように

埋没法(東京) / 東京-二重埋没法